Illustratorを使わずに、Mac標準搭載のソフトでいびつな丸を作る方法を4ステップで解説【Keynote】

巷には、普通の円形ではなくちょっと歪んだ丸い形のデザインが溢れています。

それらを作るときによく使われるのがIllustratorですが、ソフト単体でも年間で30,000円ほどかかるため、少し手を出しづらいですよね。

そこでこの記事では、Macなら標準で入っているソフト「Keynote」を使って、ゆがんだ丸を描く方法をお伝えします。

(こちらの記事のアイキャッチの背景画像も、今回お伝えするやり方で作成しました。)

こんな人に読んでほしい
  • いびつな丸い図形を作りたいMacユーザー
  • でもデザイナーじゃないから高いソフトに手が出ない人
目次

いびつな丸をKeynoteで描く手順

それでは具体的な手順を、画像つきで説明します。

STEP
Keynoteのペンツールで三角形を描く
pen-tool-keynote
Keynoteのペンツールは「図形」から選べます
triangle-keynote
三角形を描く

ペンツールを使い、どこでもいいので適当に3つの場所をクリックします。

最後に始点をクリックすることで図形が閉じられます。

STEP
辺を持ち上げて丸くする
drag-1-edge

辺のところにカーソルを合わせると、丸「○」が表示されます。

それを引っ張ることで、三角形の辺の部分が丸くなります。

drag-3-edge

これを3つすべての辺で行うと、このような図形になります。

STEP
頂点をすべて削除する
delete-vertex

四角「□」は頂点、丸「○」は引っ張ることが出来る辺を表しています。

頂点「□」を右クリックして、「削除」します。

circle-keynote

これを3つすべての点で行うと、このように丸い図形になります。

STEP
好きな形に仕上げる
drag-vertex

丸「○」のポイントはいくらでも追加できるので、好きなところで○を引っ張って図形を作ります。

shape-distorted-circle
coloured-circle

最後に好きな形に整えれば出来上がりです。もちろん塗りつぶすことも可能です。

3つの応用例をご紹介

歪んだいびつな丸を使うと表現の幅が広がります。

応用例として、ウェブサイトやポスターにも使えそうな活用方法を少し紹介します。

画像で塗りつぶす

cafe-design

こんな感じで、単色だけではなくグラデーションや画像で塗りつぶすことができます。

図形の塗りつぶしの所から「イメージ塗りつぶし」を選び、好きな画像を選択してみましょう。

ペンギン

ちなみにVýlet Cafeは存在しないよ

手書き風にする

imitating-handwriting-shape

「枠線」から、線の種類をいくつか選ぶことができ、まるで筆で書いたような丸を簡単に表現できます。

近所のいぬ

Keynoteは本当にデザイン性が高いね!

複数の線を重ねる

stacked-shape

いびつな丸をいくつも重ねることで、このような形をデザインすることもできます。

個人的には、中の塗りつぶしはせずに細い枠線で丸を3〜4つ作り、重ねることでいい感じになると思います。

この辺はお好みで変えてみてください。

まとめ

ゆがんだ形のいびつな丸を、Keynoteで描くやり方をお伝えしました。

使いこなすと楽しいので、ぜひ活用してみてください!

Keynoteでプレゼン資料を作りたい方はこちらもどうぞ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる