【レビュー】KINGONEのスタイラスペンを実際に使った感想!Apple Pencilの互換になる?

「iPadで使えるタッチペンが欲しい!」

と思ったときに、真っ先に候補に上がるのはApple Pencilですよね。

Apple Pencilは間違いなく良品なのですが、ネックとなるのが値段の高さです。

僕はデザインやイラストに興味があるただの素人なので、「身の丈に合わないよな…」とか「高いペンを購入しても長続きしなかったらもったいないよな…」と考え、Apple Pencilの代わりになるような、安いタッチペンを探していました。

その中でKINGONEのスタイラスペンを実際に買ってみたので、使った感想をシェアしたいと思います!

目次

購入したスタイラスペンとその付属品の紹介

僕が購入したスタイラスペンはこちらです。

Atsuma

Apple Pencil (第2世代)が約¥16,000なので、それと比べるとだいたい¥12,000くらい安いです!

届いたペンと付属品をまとめるとこんな感じです。

contents-of-stylus-pencil
ペン本体

とっても持ちやすい形状で、iPadの側面にマグネットで取り付けられるようになっています。

充電ケーブル

USB type-Cでの充電となっています。僕はスマホもノートPCもtype-Cで充電しているので、同じケーブルで充電できて便利です。

替えのペン先(×3)

すり減ったらペン先を替えることができます。とはいえ、毎日何時間も使うような人でなければそれほど替えることはないと思います。

Atsuma

僕はペーパーライクフィルムを貼ったiPadと併せて1年間使ってますが、まだ一度もペン先を替えたことがありません

僕が使っている、こちらのペーパーライクフィルムも併せてどうぞ。

使ってみて感じたKINGONEのスタイラスペンの良いところ

それでは、KINGONEのスタイラスペンを1年間使ってみて良かったことをご紹介します。

ほとんどのiPadで使える

対応しているiPad

  • iPad Pro 12.9インチ (第3世代, 第4世代, 第5世代)
  • iPad Pro 11インチ (第1世代, 第2世代, 第3世代)
  • iPad Air (第3世代, 第4世代)
  • iPad (第6世代, 第7世代, 第8世代)
  • iPad mini (第5世代)
Atsuma

分かりやすくいうと、2018年以降に出たすべてのiPadに対応しています!

古い機種でない限り、すべてのiPadで使えます。

また、Apple Pencilでは必須なペアリングが必要ないので、ちょっと面倒な最初の登録が一切なく使い始められます。

もちろん、複数のiPadで使う、という使い方もできます。

描いてるときに傾きを検知してくれる

描き心地に関わる部分ですが、KINGONEのスタイラスペンは、ペンの傾きを検知してくれる機能があります。

これによって、まるで本物のペンで描いているような線の濃淡を表現できます。

tilt-pencil
実際にイラストアプリ「Procreate」で線を描いてみました。

非純正のスタイラスペンの中にはこの機能がついていないものもあるので、このペンにしてよかったです。

電池の持ちがめちゃくちゃいい

商品の説明欄には、稼働時間が約10時間と書かれています。

流石に10時間連続で使い続けたことはありませんが、使っているときに電池がなくなることはなかったので、電池のもちの良さはすごく感じます。

特にすごいと思ったのは待機電力です。

僕は、数時間使ってから3週間くらい充電せず放置して、また電源をONにして数時間使い続ける、ということがよくあります。

Atsuma

使いたいときに使えない、ということは一度もありませんでした。

いつもはふと思い立ったときに充電しています。

マグネットでiPadにくっつく強さがちょうどいい

Apple Pencilと同じように、iPadの側面にマグネットでくっつきます。

くっついたペンは、逆さまの向きにしても落ちません。

Atsuma

なんならiPadを振り回しても外れません。(実験済み)

しかし、使いたいときに手で取ればさくっと外れるので、マグネットの強さはちょうどいいです。

電源のON/OFFがワンタッチで済む

turn-on-the-stylus-pencil

ペンの上部をタッチするだけで電源をON/OFFできます。

簡単に点いてしまうので、「誤タッチしてしまうのでは?」と心配になるかもしれません。

しかし、電源がONの状態でも、5分使わなければスリープになり、30分使わなければ自動的に電源が切れます

そのため、気づかぬうちに電池がどんどん減ってしまうことはありません。

逆にイマイチなところはある?

正直、このスタイラスペンを使っていて不便に感じたことは一度もありませんでした。

ただ一つ、Apple Pencilにあってこのスタイラスペンにないものを挙げるとすると、筆圧感知機能です。

筆圧感知はペンを使う力の強さによって線の太さが変わる機能です。

これは純正のApple Pencilならではの機能ですが、本格的にイラストを描いてるプロの方でなければ、なくても困らないかなと思います。

結論:KINGONEのスタイラスペンはApple Pencilの代わりになる?

機能が完全に一致しているわけではないので、100%の互換品ということにはなりません。

しかし、絵を描くぶんには十分な性能なので、「プロじゃないけど絵を描きたい!」という方には非常におすすめできるペンです。

Atsuma

Apple Pencilに比べて安価なのに、使いやすく描きやすいため、とっても良い買い物をしたな、と感じています。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる