大学4年間で300万円を貯めることができた6つの理由

こんにちは!Výlet(ヴィーレット)のAtsumaです。

タイトル通りですが、僕は大学卒業した時点で300万円の貯金がありました。

超単純に計算しても、300(万円)÷4(年)÷12(か月)=6.25(万円)なので、 1か月あたり6万2,500円を貯めたことになります。

この記事では、なぜ僕が大学4年間にそれほどの金額を貯められたのかについて紹介したいと思います。

お金をうまくやりくりしたい大学生、大学生のお金事情に興味のある受験生、教育資金に悩む保護者などに役立つ知識もお伝えします。

こんな人に読んでほしい
  • お金を貯めることに興味がある大学生や受験生
  • 大学進学予定の子どもをもつ親
目次

大学生時代の主な収入源は3つ

僕が大学生時代に得ていた収入は主に3種類ありました。

貸与型奨学金:月に5万円

将来的に働いて返さなければいけない奨学金です。一般的に「奨学金」といえば日本学生支援機構の奨学金を指しますが、僕もここからお金を借りていました。僕が借りていたのは月に5万円なので、4年間で240万円借りたことになります。

給付型奨学金:月に2万円

返還不要の奨学金です。民間の財団法人から給付を受けていました。こちらは月に2万円で、4年間で計96万円の収入ということになります。

アルバイト:月に3〜6万円(時期によって変動あり)

バイトの収入もありました。一度だけ10万円以上を稼いだ月がありましたが、そういった特別な場合を除けば月3〜6万円くらいで落ち着いていたと思います。テストの時期はあまりバイトを入れていませんでした。

近所のいぬ

ちょっとまって。貸与型奨学金は将来返すものだけど、貯金に含めちゃっていいの?

Atsuma

ここでは資産貯金を区別しているよ。

貸与型奨学金はマイナスの資産と考えることができますが、この記事では貯金額に含めています。

また、仮にこの分をマイナスとしても、300(万円)−240(万円)=60(万円)なので、最終的には差し引きで60万のプラスになっています。

300万円を貯めることができた6つの理由

では、具体的になぜ300万円を貯められたのかということについて、僕なりに考えたことをまとめます。

給付型奨学金をもらうことができた

これはかなり大きな理由の一つだと思います。

大学入学直後に事務の壁に貼られていた情報や、大学のサイトを通して民間の奨学金を調べ、その一つに応募したところ無事に申請が通りました。

僕が申請時に行った手続きは以下の4つです。

  • 課題の作文を書く
  • 大学の先生に推薦書を書いてもらう
  • 出身高校の先生に成績表を送ってもらう
  • 親に所得証明書を送ってもらう

とにかくやらなければいけないことが山ほどありました。

作文はまだしも、入学してすぐの頃なんて大学の先生との関わりが皆無だったので、形式上新入生の担当になっていた教授にメールでアポを取ってから教授室に訪問しに行き、「自分はこういう人間なので、推薦書にはこんなことを書いてください!」とお願いする必要がありました。

余談ですが、推薦書を書いてもらうとき、その教授に「いくら貰えるの?」と尋ねられました。「月2万円です」と答えたところ、「たったそれだけ!?」と驚かれました。僕は貰えるだけありがたいと思っていましたが、実際ほとんどの給付型奨学金の給付額はこれより高く、月5〜10万円くらいのところが多い印象です。

また、奨学金の申請で必要になる成績は基本的に前年度のものですが、入学したての1年生は大学の成績がまだないので、高校3年生のときの成績が必要になります。幸い高3のクラス担任のメールアドレスは卒業前に教えてもらいましたし、まだ他校に異動もしていなかったので、難なく送ってもらうことができました。

また、親の収入が一定以下であることを示すために、親に頼んで所得証明書も取りに行ってもらわなければいけませんでした。もし親が自分に協力的じゃなかったり、取りに行く時間を作ってもらえなかったりすると申請すらできないので、親の協力は不可欠です。

給付元の財団や企業によって必要なものは異なりますし、場合によっては面接があることもあるようです。

このように、申請するときにかなりの労力がかかります。

また個人的に、「自分が給付の基準を満たしている奨学金なんてないだろう」と勝手に決めつけることで、本当は給付型奨学金を受けられるのに申請すらしない人が多いと感じています。

僕の勝手な所感ですが、世の中の人が考えているよりずっと給付基準の壁は低いと思います。

面倒な申請手続きをした者だけが手に入れられる収入源だと思うので、大学生には本当に「いいから一回調べてみて」と言いたいです。

こんな事を言うと、世の中の一部の人から

近所のいぬ

給付型奨学金はもっと生活に困窮している人に回して!

という声が聞こえてきそうですが、民間の場合、企業・財団のすべてが慈善活動のために奨学金を給付しているわけではありません。あるスキルをもった人に対する未来への投資、将来の採用活動に向けた優秀な人材の確保、社会へのアピール、地域への貢献など、様々な意図があります。

もし給付型奨学金に興味があるなら、ぜひ大学で情報を集めてみてください。

特におすすめなのは春の時期です。4月から5月に募集時期を設けているところがとても多いからです。

また、2020年度から日本学生支援機構が給付型奨学金をスタートさせました。これによりさらに給付型奨学金の選択肢が広がりました。(参考)

国公立大学に通うことができた

言うまでもないほど周知の事実ですが、私立大学より国立大学のほうが学費が安いです。

国立大学と私立大学の学費を表にまとめてみます。(私大のデータは文科省の調査を参照)

国立大学私立大学(文系)私立大学(理系)
授業料53万5,800円79万3,513円111万6,880円
入学料28万2,000円22万8,262円25万5,566円
施設設備費なし15万0,807円17万7,241円
4年間計242万5,200円340万2,314円490万4,327円
1年間の授業料、入学料、施設設備費の比較
近所のいぬ

私大理系の平均額は医療系が引き上げてるんじゃないの?

Atsuma

このデータには医歯薬系は含まれてないよ!

この表をもとに考えると、理系では4年間で約250万円の差がつくことになります。

高校生には「やりたいこと・学びたいこと」ベースで進路を選んでほしいと個人的には思いますが、学費のことを考えると無視できない差ですよね。

また、僕の場合は後述するように授業料免除を一部の期間で受けていたため、この表よりもっと安く学費を抑えることができました。

授業料が免除された

数年間、授業料の半額免除および全額免除を受けていました。

これにより学費を大幅に抑えることができました。

大学独自の免除制度の場合、大学により申請基準は異なると思いますが、大抵どこも「親の所得」と「成績」の2つが必要です。

これについても「自分はきっと当てはまらないだろう」という思い込みを捨てて、一度自分の大学の授業料免除制度について調べてみてほしいと思います。

2020年度からは、文部科学省の施策により高等教育の修学支援新制度がスタートし、国による授業料免除制度が始まりました。

大学から歩けるところに住んでいた

大学から徒歩15〜20分のところに住んでいたため、普段は自転車で通い、雨でも歩いて通学していました。

そのため通学にかかる費用は0円でした。

通学に電車を利用している人は、恐らく定期券を利用していると思います。

その定期代を安く見積もって月1万と考えても、4年間で48万円かかることになるため、一人暮らしなら大学の近くに住んだほうがお得です。

ペンギン

もちろん家賃ともあわせて考える必要があるね。

家計簿をつけていた

(さぼっていた期間はありましたが)大学1年生のころから家計簿をアプリでつけていました。

これにより、金銭感覚が身につき、必要以上の支出が抑えられたと思います。

いくつかのアプリを試しましたが、最終的にマネーフォワードに落ち着き、社会人になった今でも使っています。

家計簿をつけたことがない人は、始めてみることをおすすめします。

最初は完璧じゃなくてもいいので、記憶やレシートの記録に残っている分の支出をざっくり記入して、「前の月と比べて支出がどれくらい増えたか・減ったか」が分かるようにできたら上出来です。

マネーフォワードはiOS & Android関わらずこちらからダウンロードできます。

家族の支援があった

これもとても大きい理由ですね。

ありがたいことに、アパート代をすべて出してもらえました。

時々、ニュースで全て学費も生活費もアルバイトで賄っている学生を見ると、自分は恵まれていたなと感じます。

知り合いの中にも、「高校を卒業したあとの学校は自分の意志で行くものだから、お金のことも自分で全部なんとかしなさい」という親を持つ人がいたため、見ていて本当に大変そうでした。

家族関係が良好でよかったです。

まだ何の予定もありませんが、もし将来的に自分にも子どもが出来たら、学びたいことややりたいことに全力で取り組めるようにさせてあげられるような親になりたいものです。

卒業後、貯めたお金はどう使ったのか

僕は大学を卒業した後、大学院に2年間通いました。

そのときにはもう奨学金を両方とも受けていなかったので、生活費は大学生時代に貯めた分から取り崩す形で使っていきました。

大学院生は忙しく、研究成果を出すために朝から晩まで研究室に籠もらなければなりません。

頑張ってバイトと両立させている人もいましたが、研究活動にあまり時間を割けない分、中途半端な成果で大学院を終えてしまう人も多いです。

その点、僕は300万円を貯めていたことから経済的にも精神的にも余裕ができ、バイトをすることなく研究に打ち込むことが出来ました。

その結果、満足のいく研究成果を残すことができました。

貯金をして後悔した、たった1つのこと

卒業した今だからこそ言えることかもしれませんが、もっと自分のためにお金を使えばよかったなと感じています。

当時は貸与型奨学金に対して「このお金は将来返さなきゃいけないものなんだ。」とか、給付型奨学金に対しても「このお金は遊びや他のことのために頂いているわけじゃない。学費や生活費のために給付されてるものなんだ。」と妙に固く意識してしまい、お金を使うことに対して極端な抵抗がありました。

一方で、自分の周りには英会話教室に通っていたり、貯めたお金で留学や海外インターンに行っていたりした友達が何人もいて、その人達の人間的な成長を見ると何もしていない自分が小さく感じました。

お金を貯めたことによるメリットは確かにありましたが、もう少し自己投資にお金を使い、「貯めることと使うことのバランス」を見直せばよかったなと思います。

まとめ

以上、僕が大学生時代の4年間で300万円を貯めた方法について書きました。

今は新しい制度が出来ており、僕の学生時代よりも支援が手厚い印象です。

Atsuma

ぜひ積極的に活用してみてください。

途中で若干話が脱線してしまう部分もありましたが、ここまで読んで頂きありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる